看護師の求人・派遣
看護師のおしごと
基礎知識
看護師の資格って
どうやってとるの?
看護師さんのお給料って
どのくらい?
看護婦・看護師・看護士
どうちがうの?

白衣の天使、看護師。患者さんにとっては身の回りのお世話をしてくれる優しい存在ですが、実際の仕事はとてもハードで大変!ここでは基本的な仕事内容についてご紹介します。

看護士のおしごと 基礎知識
患者さんの一番の理解者になろう!
看護師の仕事は、「医師の補助」的な役割が主になります。医師の指示のもとで行う看護業務や診療の補助、療養中の患者さんのお世話、患者さんとそのご家族のケア、指導、相談などですね。

つまり、医師の補助といえども、医師より患者さんと接する機会は多いと言え、同時に不安な入院生活を送る患者さんにとっては、一番身近な頼れる存在になるのではないかと思います。

入院生活を少しでも快適に送っていただけるよう、患者さんの気持ちを一番に考えられる、素敵なナースをめざしましょう!
患者さんの生活に合わせた仕事内容
看護師の仕事はたくさんあります。毎日欠かさず行わなければならないものとしては、

・申し送り ・バイタルサインの測定
・食事、排泄の介助 ・手術準備
・与薬 ・新生児のお世話
・各種検査 ・点滴・注射
・患者移送 ・体位交換
・清掃、環境整備 ・入浴介助
・巡回  

などなど、基本的に患者さんの生活に合わせたタイムラインで仕事をしていきます。それに加え、ナースコールや緊急入院などのイレギュラーな事柄にも対応しなければならないので、場面に合わせてうまく立ち回ることが重要となります。

申し送り(※)、バイタルサインの測定(※)については、少し細かくご説明していきたいと思います。
イメージ画像

患者さんの不安をやわらげるのも大切な仕事

申し送りってなに?バイタルサインって?
申し送りとは、一日の始まりに、受け持っている患者さんの容体の変化や、前日の出来事、その他大切な情報を共有することです。夜勤の看護師から日勤の看護師への引き継ぎとも言えますね。
カルテだけではわからない、患者さんの感情の変化や院内での出来事を把握できたり、自分の受け持ちをしっかり認識でき、スケジュール管理を効率的に行うことができます。

バイタルサインとは生命徴候、つまり血圧、脈拍、呼吸数、体温のことです。毎日受け持っている患者さんひとりひとりのバイタルサインを測定することで、前日からの体調の変化を読み取ります。
また、患者さんとの大切なコミュニケーションのひとつにもなりますね。
看護師として働くなら「今」!
医師不足・看護師不足と言われる昨今ですが、具体的にどのくらい不足しているのかご存じでしょうか?厚生労働省が発表した、2011年度の看護師不足人数は、なんと5万6000人にのぼるそうです。
新卒看護師や再就職看護師よりも退職者数の方が上回っていることで、このような看護師不足に陥っています。そして看護師不足により看護師の労働条件が厳しくなり、また退職者が増える、という悪循環ですね。

しかしこれを言い換えると、どこの病院でも看護師を必要としている=看護師として活躍したいみなさんにとっては、たくさんの選択肢の中から自分に一番合う、自分を必要とする職場を探せるということです。

同じく厚生労働省の発表によると、2015年には看護師の不足人数が1万5千人を切る見通しになっているようなので、今後は大幅な労働環境の改善も期待できそうですね。看護師が快適に働ける環境作りが、今、何より大切なことだと思います。
PAGE TOP