看護師の求人・派遣
看護師のおしごと
基礎知識
看護師の資格って
どうやってとるの?
看護師さんのお給料って
どのくらい?
看護婦・看護師・看護士
どうちがうの?

一言で看護師といっても、種類はさまざま。看護師になるまでに、たくさんのルートが存在します。ここではこれから看護師になりたい方、スキルアップを目指したい方のために、資格についてまとめてご紹介します。

看護士の資格ってどうやってとるの?
准看護師
・中学卒業後の場合

高等学校衛生看護科に進学し、3年(定時制は4年)で各都道府県が行う「准看護試験」が受けられます。最短で18歳で准看護師になることができます。

・高校卒業後の場合

准看護師養成所に進学し、2年(定時制は3年)で「准看護試験」が受けられます。最短で20歳で准看護師になることができます。
看護師
・中学卒業後の場合

高等学校衛生看護科に進学し、5年で「看護師国家試験」が受けられます。最短で20歳で看護師になることができます。

・高校卒業後の場合

看護専門学校に進学(3年間)、看護短大に進学(3年間)、看護大学に進学(4年間)のいずれかで、「看護師国家試験」が受けられます。最短で21歳で看護師になることができます。

・准看護師の資格を持っている場合

看護専門学校に進学(2年間)、看護短期大学に進学(2年間)、高校専攻科に進学(2年間)、看護師通信制に進学(准看護師としての実務経験10年以上の場合のみ・2〜5年)のいずれかで、「看護師国家試験」が受けられます。
イメージ画像

看護学校は試験が厳しい!卒業試験も難しい

保健師
・看護師の資格を持っている場合

保健師養成課程を1年間受講で「保険師国家試験」が受けられます。

※看護師国家試験と同時に保険師国家試験を受けられるカリキュラムを組んでいる大学・短大・専門学校に進学することでも試験資格が取得できます。
助産師
・看護師の資格を持っている場合

助産師養成課程(1年間)、大学の専攻科(1年)、大学院(2年)のいずれかで「助産師国家試験」が受けられます。
認定看護師
・看護師の資格を持っている場合

看護師、保険師、助産師としての実務経験5年以上(そのうち3年間は定められた認定看護分野での経験)の場合のみ、認定看護師教育課程を6ヵ月以上受講で「認定審査」が受けられます。認定取得後も5年ごとの更新が必要となります。
PAGE TOP