派遣社員のメリット・デメリット

職種で仕事が選べるのはもちろん、自分のライフスタイルと照らし合わせながらお仕事を選ぶことができるのが派遣社員のメリット。
色々な条件を比較検討しながらお仕事を探しましょう。

派遣社員の比較イロイロ
メリット
  • 就業時間や期間のほか、自分のスキルに合った仕事が選べる
  • 専門性が生かせ、スキルの向上にもつながる
  • 人間関係のわずらわしさがない
  • 自分の時間が有効活用できるので、趣味や将来の勉強にも時間がさける
  • 正社員として入社するのが難しい会社でも、派遣としてなら働くことができる
  • 派遣会社が自分の代わりに仕事を探したり、交渉にあたってくれる
デメリット
  • 契約期間が終わると仕事がなくなるなどの不安定感がある
  • 責任のある仕事を任せてもらえない場合がある
  • ボーナスがない
一般派遣・特定派遣・紹介予定派遣の違いとは?

派遣には次の3つの働き方があります。それぞれ種類が違うので注意が必要です。

  • 一般派遣
    多くの人が想像している
    派遣のこと
  • 特定派遣
    派遣されることを前提として
    常用雇用されるもの
  • 紹介予定派遣
    派遣先の企業への雇用を
    予定して派遣されるもの
一般派遣

一般的に派遣というと、登録型派遣のことをいいます。まず派遣会社に登録し、その後仕事の紹介をしてもらいます。仕事は期間を定め、その期間中のみ雇用関係が生じます。また、注意すべき点としては、登録すれば必ず仕事の紹介があるとは限りません。
また、登録型派遣事業を行なうことができる派遣会社は、厚生労働省があらかじめ許可した会社だけです。求人誌等でもよく見かける「般○○―○○―○○○○」という数字は、その会社に与えられた許可番号です。派遣社員のフォローや管理が十分できる資力や施設、システム等を持っていることが許可の条件となっています。登録する派遣会社がこの「許可」を受けていることを確認しておくと登録する際や働く際に安心です!

特定派遣

登録型と違って、常用社員(常に雇用している社員)を派遣する場合を特定派遣といいます。
一般派遣と違い、お仕事がないときでも雇用関係が持続し、お給料も支払われるため安定しているというメリットがあります。
なお特定派遣を行なえる会社は「特○○―○○―○○○○」という届出受理番号があるかどうかで見分けることができます。

紹介予定派遣

派遣期間の上限は職種によって3年〜無制限です。
派遣期間は、職種や派遣のかたちで異なります。
同じ派遣先で働く場合、「専門性の高い職種」(26職種・下記を参照)は、期間の制限がありません。 臨時的・一時的な業務についても同様です。さらに、その後も同じ派遣スタッフを雇いたい場合は、派遣先企業が直接に雇用しなくてはいけません。

派遣期間の上限はありますか?

派遣期間の上限は職種によって3年〜無制限です。 派遣期間は、職種や派遣のかたちで異なります。
同じ派遣先で働く場合、「専門性の高い職種」(26職種・下記を参照)は、期間の制限がありません。
臨時的・一時的な業務についても同様です。さらに、その後も同じ派遣スタッフを雇いたい場合は、派遣先企業が直接に雇用しなくてはいけません。

※労働者派遣施行令第4条の番号順(第1号〜26号)
  • ソフトウェア開発
  • 機械設計
  • 放送機器等操作
  • 放送番組等演出
  • 事務用機器(OA機器)操作
  • 通訳、翻訳、速記
  • 秘書
  • ファイリング
  • 調査
  • 財務処理
  • 取引文書作成業務
  • デモンストレーション
  • 添乗
  • 建築物清掃
  • 建築設備運転、点検、整備
  • 受付・案内、駐車場管理
  • 研究開発
  • 事業の実施体制の企画、立案
  • 書籍等の制作、編集
  • 広告デザイン
  • インテリアコーディネーター
  • アナウンサー
  • OAインストラクター/li>
  • テレマーケティング
  • セールスエンジニア
  • 放送番組の大道具、小道具
PAGE TOP